ソワン ビタミンC誘導体

ソワンに入っているビタミンC誘導体について

 

ソワンには、「3-O-エチルアスコルビン酸(ビタミンCエチル)」というビタミンC誘導体が入っています。

 

ビタミンCには、コラーゲンを増やす作用があるので、肌にハリをもたらします。

 

また、皮脂の分泌をおさえる作用もあるので、毛穴の開きが目立たなくなる可能性があります。

 

さらに、抗酸化作用や美白*効果があります。*キメを整え透明感を与える

 

 

ただ、ビタミンCの粒は大きいので、肌に浸透しにくいという欠点があります。

 

その欠点を化学的に取りのぞいてできたのが、ビタミンC誘導体です。

 

 

ビタミンC誘導体の種類と性質

ビタミンC誘導体には、次の3つの種類があります。

 

・水溶性ビタミンC誘導体

 

・油溶性ビタミンC誘導体

 

・新型ビタミンC誘導体(APPS)

 

 

<水溶性ビタミンC誘導体>
肌に浸透*しやすく、短時間でビタミンCのパワーを発揮します。
*角質層まで

 

しかし、通常6〜8時間しか持続しません。

 

<油溶性ビタミンC誘導体>
長時間にわたり、ビタミンCの効果を発揮します。

 

しかし、肌に浸透するのに時間がかかります。

 

<新型ビタミンC誘導体(APPS)>
水溶性と油溶性の両方のメリットをそなえています。

 

しかし、安定性が低く、劣化しやすいという側面があります。

 

 

ソワンのビタミンC誘導体はどのタイプ?

 

ソワンに配合されているビタミンC誘導体は水溶性です。

 

水溶性ですが、3-O-エチルアスコルビン酸は、72時間も持続力があります。

 

また、サラッとしたつけ心地で、低刺激なのが特徴です。

 

ソワンは、浸透性と持続性のある最強のビタミンC誘導体を配合していると言えます。

 

 

ソワン Ageneの公式サイトに

リンクしております。

↓ ↓ こちら ↓ ↓

 

 

ソワンの「Ageneコントロールスキンケアプログラム」については、トップページに書いています。気になる方はチェックしてみてください。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top