毛穴がずっと開いているのはなぜ?治らないの?

毛穴がずっと開いている理由

 

毛穴がずっと開いている肌は、皮脂線が発達した(皮脂線が大きい)肌質だということがわかっています。

 

生まれつきの場合は遺伝的要素が強いので、ある程度受け入れるしかありません。

 

しかし、しっかりケアをすれば目立たない毛穴にすることは可能です。

 

 

 

開き毛穴のケア方法

<スキンケア>
開き毛穴は皮脂線が発達し、皮脂が過剰に分泌されるのが原因なので、皮脂の分泌をコントロールします。

 

まず、朝と晩には、自分に合った洗顔料でしっかり皮脂を落とします。

 

顔を洗った後は、「ビタミンC誘導体」や「ライスパワーNo.6」といった皮脂の分泌をおさえる成分の入った化粧水などをつけます。

 

日中に皮脂がういてきたら、あぶらとり紙でこまめに取ります。

 

月に1、2回程度、ピーリング剤で毛穴の詰まりを予防しましょう。

 

 

<開き毛穴に悪い食品>
開き毛穴の原因である皮脂の分泌を多くする食材を控えることも、開き毛穴ケアになります。

 

動物性脂肪を多く含む食品を食べると、皮脂の分泌量が増える傾向にあります。

 

例えば、肉類、バター、チーズ、アイスクリームなどです。

 

また、クッキーなどの菓子類やパンにも動物性脂肪が使われますので注意が必要です。

 

紅茶やコーヒーなどに含まれるカフェインは、健康な肌をつくるのに役立つビタミンC、ビタミンB2・B6の吸収のじゃまをしますので、飲むのをひかえるようにしましょう。

 

じゃぁ、開き毛穴に良い食品は何か、ということになりますが、野菜を多くとり、日本食中心にすれば、皮脂の分泌をおさえることができると言えます。

 

最後に、規則正しい生活を送ることは言うまでもありません。

 

ストレスや疲労の蓄積によって男性ホルモンを刺激し、皮脂の分泌が増える結果になります。

 

 

毛穴ケア専用の美容液「ソワン Agene」についてや効果的な使い方はトップページに書いています。気になる方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

page top